いままでの
仕事

無料
相談会

Site
Map

コンタクト

Link

仕事の進め方

Q&A

ブログ

多世帯住宅

理念

プロフィール

cuiora booth-100% design Tokyo 2008
所在地 :神宮外苑野球場(テンポラリー)
主要用途:展示場

主要構造:紙管、コンパネ
設計期間:2008.9
工事期間:2008.10
店舗面積:25
写真  :滝川淳

collaborate with Qurz

住宅

プ ロ
ダクト

照明
器具

展示場
舞台

医療
施設

文化
施設

商業
施設

都市
環境
デザイン

co-labのプロダクトデザイナー・Qurzの島村氏が手がけたブランド「cuiora」のプロトタイプの商品を手に取って感じてもらうための空間。
キオラは紙でできた花瓶、バッグ、照明、本棚などを扱うブランド。

ブースの素材も昨年の段ボールに引き続き、今年は紙管を使ったブース作りがテーマとなった。
波打って自立する細くて白い紙管の前に展示台としての太いクラフトの紙管が置かれる、という単純な構成とした。一見すると紙でできているとは思えないクオリティのプロダクトたちを、ディスプレイの側から紙であることをアピールする装置としてうまく機能したのではないかと思う。