建て方工事


それぞれの居場所のある中庭のある家では、建て方工事が進んでいます。
安全確保のため、住まい手はなかなか内部に入る機会がなく、現場に訪れることが少ない時期だとは思います。現場では鳶職、大工、監督など大勢が結集して工事にあたる、活気ある時期です。遠巻きながら私も作業を見ています。
木造の場合、建物の骨格が数日でできるので、二階に上がって部屋ごとに見え方、お隣さんの窓との関係など、設計どおりにできているか、もしくは設計に問題はなかったかをチェックします。今さら部屋の大きさは変えられなくとも、窓の取り付け位置などを少しは変更はできますからね。
この敷地は奥行きが長かったため、南側にレッカー車を置き、工事をしました。一部に鉄骨があったり、木の部材の仮置き場に困っていたりと、難儀をしながら3日かけて建て方工事をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です