一級建築士定期講習@新宿


秋はお勉強のシーズン、という訳ではありませんが、週一のペースで何かしらの講義を聴いている気がします。
先日は建築士の定期講習会。三年に一度受けないと、業務に支障をきたします。この制度が始まって二度目の講習会。思い起こせば姉歯事件以来、建築の世界はさまざまに襟を正す方策をたててきましたが、これもそのひとつです。
朝の9時半から夕方の17時半まで講義。お尻が痛くなりますし、集中力もなくなってきますが、最後にマークシートの試験があるので、寝るわけにもいきません。お年を召した白髪の建築士も散見され、歳をとってからこの講義はさぞお辛いだろうな、とか、自分は何歳まで建築士と名乗れるのだろうと考えてしまいます。
つらいばかりではなく、最新の技術、法律、制度などを網羅的に教えてくれるので、実務面でも参考になる話も多く、お金を払って一日中座っている価値はありそうです。
建築基準法は今年の6月に改正されました。そこそこ大きな改正でしたから、こちらも学ばないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です