仙田満さんの日本建築学会大賞受賞を祝う会


131021-3.jpg
131021-2.jpg
昨日は前事務所時代の恩師、
仙田満先生の日本建築学会大賞受賞を祝う会に出席しました。
三田の建築会館では展覧会も開催され、思い出の作品が掲示されていました。
懐かしい顔ぶれだけでなく、創立45年にもなる会社、環境デザイン研究所の
諸先輩方に挨拶し、さらには当時お世話になっていた方にもお会いできる良い機会となりました。
先生はいまだに現役で、こどもの環境を良くするための方法を
具体的に実践され、かつ会場にいた人にも考えさせるような講演を聞きました。
こどもの外遊びのスペースは60年前の1/100ほどになっている、
後期高齢者に投資される税金は15歳以下のこどもの19倍である、など
メモをとるヒマもないくらい、データを示して教えていただきました。
これまでの建築作品については展覧会を見てくれ、
と言わんばかりのデータや分析の数々は、
建築家としての矜持からくる、こども環境への危機感がひしひしと伝わる内容でした。
会の終了後は先生を囲んでOBの人たちと写真撮影。
OBの中では私もまだまだ若手。
いろいろな人の元気とやる気をいただき、心がシャンとした週末でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です