Low-E ガス入り 樹脂サッシ

それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家では、サッシ工事が始まりました。
今回この住宅では樹脂サッシを全面的に採用しています。
サッシにはアルミ、アルミ樹脂複合、樹脂とおおきく3種類のサッシがあります。
数年前は樹脂サッシのラインナップが少なかったものの
リクシル、YKK共に日本の家の断熱性能を良くしようと
樹脂サッシの値段がぐっと下がってきました。
樹脂にするとサッシの額縁が大きくなってしまい、不格好という向きもありますが
中庭があり、窓が多くなったこの家では断熱性能を優先。
YKKのAPW330 という樹脂サッシを基本に採用しました。
ガラスはLow-E複層。
3~4ミリの2枚のガラスの間に空気層を設けることで
断熱性能を確保したのが複層ガラス。
さらに2枚のガラスの内側に特殊な金属膜を吹き付けて
断熱、遮熱性能を向上させたのがLow-E複層ガラス。
樹脂サッシであればLow-E複層が最低ラインの性能でしょう。
その上には空気層を真空にした真空複層ガラス、
2枚でなく3枚のガラスにすることで空気層をダブルにした
トリプルガラスという選択肢もありますが、
ここでは空気層にアルゴンガスという特殊なガスを
封入したものを使いました。
特殊といっても普通にラインナップされているものです。
さらに2枚のガラスをサンドイッチして留めておくパッキンに
アルミではなく樹脂をつかったものを採用しています。
これらはYKKの品川ショールームで教えてもらいました。
業者向けの特殊なショールームで、実際に熱や結露を比較体験しながら
製品選択時の参考になる商品を見ることができます。
残念ながら業者と一緒でないと見れませんが、
細かい部分まで手の届く設計が少しでもできたのも
ここでの勉強のおかげと思います。
何気に大工さんが付けているように見えるサッシも
さまざまな条件から選択した製品だったりするんですよね。

阿夫利大山トレッキング@伊勢原


 

少し前の話ですが、家族でトレッキングに出掛けることになりました。
たまたま休みが取れそうだった日の前日に台風が通過して夏のような気温になった日です。
高尾山に一度、しかも上りもくだりもロープウェイ利用という程度なので
ほぼ初トレッキング。
選んだ場所は伊勢原にある大(おおやま)。
こちらもケーブルカーがあるから、という気弱な選択ですが、
まあいいじゃないですか。
ケーブルカーを使うのは下山するときだけにして、
登りは別ルートから行って、下から登ってみよう!ということになりました。
夏のような気温になりそうでしたが、ちょうど山は涼しくていいかもね~
なんて気楽なことを言っていたら、あら大変。
登山道は倒木だらけ。台風ってすごい。
日頃の運動不足と、足元の悪さがたたって、なんと1200mほどの頂上に
到達することなく、阿夫利大山の下社までで断念、無念。
登山が楽しいことが分かったから、頂上はまたの機会だ
と強がりを言ってみましたが、脚に来てるのも確か。これは少し運動せねば。
下社からの景色は台風一過も手伝って遠方までスカッと見えました。
江の島は言うに及ばず、房総半島まで。気分爽快。
帰りは予定通り?ケーブルカーに乗車してあっという間にふもとまで。
グッドデザイン賞取っているらしい車両をパチリ。
よくこんなところに線路を敷いたな、という驚きのルートに
目をぱちくりしている間に着いてしまいますよ。
ケーブルカーを下山時のみにした理由のもう一つが、
豆腐料理をいただくこと。
清らかな水があるところは豆腐もおいしいらしく、
疲れた身体に染みわたりました。
ん?染みわたったのは日本酒かな。
阿夫利大山。まったく知識がありませんでしたが、
神奈川県民にはデフォルトとも言うべき山らしく、
後日知り合いの県民の方と話をすると情報をいっぱいいただくことになりました。
山頂にも到達しなかったし、これはもう一度リベンジ、かな?!

透湿抵抗の低い外壁合板を使う


少し専門的なお話。
外壁に下地用もしくは耐力壁用として合板を貼る場合、透湿抵抗の低いものを選ぶことをおすすめします。木造の場合、躯体内を乾燥した状態にすることが大事だからです。
湿度を低くしないと、シロアリの被害が受けやすく、また柱梁の腐りの原因にもなります。
冬季の温度差の関係から、室内側からの湿度が躯体内に入ることに関しては、気密シートでシャットアウトすることがやっと一般的になってきました。
たまに知らない職人さんもいるけど。
では外側はどうか。
合板を貼った上に透湿防水シートといって、ゴアテックス素材の住宅版のようなものを貼ることになります。写真の白いシートですね。ではその下に貼ってある板はどうなのか。
一般的に耐力壁用の板というと、構造用合板といって針葉樹合板が多く使われます。ホームセンターにも置いてある、コンパネと同じく一番安い部類の合板です。しかしこの構造用合板が湿気を通しにくい。
一度躯体に入ってしまった湿度は、気密シートのおかげで室内側に抜けることはできず、透湿防水の機能をもつ外側にしか排出できません。
そこで私は耐力壁の機能を残しつつ、湿度を通しやすい板ものとして、ダイケンのダイライトMSを使っています。
少し値段は上がりますが、後から変えようとしてもできないところ。
こんなところにも気をつけて設計しています。

デザイン あ展 @日本科学未来館



少し前の話ですが、デザインあ展を見に日本科学未来館に行きました。
あ展、のひねりのきいた展示はどれもすばらしく、どれもこどもと一緒に楽しみました。紋を自分で描いてみよう、のコーナーでは図学としても遊びとしても完成されていて、江戸の頃からこれがあったのかと思うと、素直に感動。作業には没頭。
常設展示にはひさびさに行きましたが、新しい科学の情報を盛り込んだ展示に随時更新されているようで、どれも見応え充分。見せ方にもセンスと予算!をかけている。昔、科学館の設計に携わった経験からは羨ましい、のひとこと。国立だもんね。これくらいやらないと。

コンセント位置の確認 @それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家

それぞれの居場所をしつらえた中庭のある家では建て方完了後に
現場でコンセントスイッチ位置の確認を行いました。

建て主にとっては普段見たことがない、柱梁の風景の中では
具体的な生活のイメージが想像できないのが普通ですが、
図面を片手に、スイッチの位置を考えながら見て回ると
そこそこ空間のイメージも膨らみ、定着するものです。
そこで使い勝手と共に、人それぞれの生活スタイル、癖、
といったものにアジャストするための作業といっていいでしょう。

具体的には展開図といって各部屋の内側を東西南北の4面に分けて
それぞれに書いた図面に照明のためのスイッチ、コンセントなどを
落とし込んだものを使ってひと部屋ひと部屋確認してゆきます。

それぞれの居場所をしつらえた。。。と言っているくらいなので
家族全員に出席いただき、それぞれのお部屋のこだわりポイントを
聞きながら調整を進めていきました。

このときに重要なのが、おおよその家具のサイズと配置を決めておくこと。
個室ならベッド、机、本棚。
リビングならTV、ソファ。
ダイニングならテーブル。
他にはインターネットのTA、FAXや電話はどこに置きますか?

住宅相談会で拝見する、工務店やハウスメーカーの各図面にはこれらのものが
書き込まれた平面図を見たことがほとんどありません。
建て主が平面図を元にがんばって考えていることが多い。
それでもいいんですが、あらかじめ設計をしている人間が考えてあげないと
上手くいかないことも多いんですよね。

建築家でも同じですが、生活するのは建て主。
どんどん意見を言って、理想の住まいに一歩でも近づけましょう。

泳ぐシロクマを水中から見よう@上野動物園


行く度に娘より感動しているかもしれない動物園。先日は上野へ。上野は少しづつリニューアルを続けているのか、新しい展示が増えていました。それが、シロクマ。
あの巨体をナマで見るだけでワォ、な訳ですが、遠くの陸地に寝そべるクマさんの前にある水面の下に人間が潜れるようになっていました。蒸し暑い日だったので、北極の動物はダレてしまって動かないと思っていたら、水中へ涼みにいらしたのか、泳いでくれました!
水中では動くたびに全身の毛がたゆたうので、とても優雅。しかも結構動く。ちょうど?ちゃんと?アクリルの前に足がかりになる岩場が作られていて、人間の前で水中立ちする、岩場から岩場へ泳ぎまわる。これは面白い。しばらく見とれてしまいました。
大人のみなさん、動物園に行くことありますか?おススメは好きな動物を見つけて、長時間見ること。網羅的にパッパと見るよりは深い感動があると思いますよ。

一級建築士定期講習@新宿


秋はお勉強のシーズン、という訳ではありませんが、週一のペースで何かしらの講義を聴いている気がします。
先日は建築士の定期講習会。三年に一度受けないと、業務に支障をきたします。この制度が始まって二度目の講習会。思い起こせば姉歯事件以来、建築の世界はさまざまに襟を正す方策をたててきましたが、これもそのひとつです。
朝の9時半から夕方の17時半まで講義。お尻が痛くなりますし、集中力もなくなってきますが、最後にマークシートの試験があるので、寝るわけにもいきません。お年を召した白髪の建築士も散見され、歳をとってからこの講義はさぞお辛いだろうな、とか、自分は何歳まで建築士と名乗れるのだろうと考えてしまいます。
つらいばかりではなく、最新の技術、法律、制度などを網羅的に教えてくれるので、実務面でも参考になる話も多く、お金を払って一日中座っている価値はありそうです。
建築基準法は今年の6月に改正されました。そこそこ大きな改正でしたから、こちらも学ばないといけませんね。

上棟式



朝霞の家では先日上棟式が執り行われました。雨続きの秋が続きますが、運良く晴れ渡り、施主家族と共に屋根の上まで上がって、すがすがしい気分になりました。
近年の災害、特に雨と風は以前のものより激しくなっています。設計上できることは対応し、現場も影響を受けずに進められると良いです。
上棟式では工務店の社長が神主に代わり主宰し、棟札を祀り、塩、米にお神酒を浸したものを建物一階の四隅の柱にまきました。
施主と各工事を担当する会社が顔を合わせることで、お互いの気が少しでも通じ、引き渡し後のメンテナンスでお会いしても顔のわかる関係が作れます。
ひと仕事終えた、職人さんも皆生き生きとして、とても晴れ晴れしい式でした。

鉄骨を木でサンドイッチしたパナソニックのテクノストラクチャー見学会 @二子玉川

 

木造の家でも昔から一部に鉄骨の梁を入れたりしてスパンを飛ばしたり、
二階に書庫やピアノなどの重いものを置くための荷重を支えるために、
梁を木製から鉄骨に変えることはよくあることです。

現在進行中の朝霞の家でも、一部に鉄骨を使っています。
一部でなくて、全体を鉄骨造にした方がそれは頑丈ですが、
コストがグンと上がりますので、そこは予算との相談。

木造でありながら、一部鉄骨梁の良いところを拡大して、
ひとつの工法システムとして昔から展開しているのが、
パナソニックのテクノストラクチャー工法。
薄肉の鉄骨梁を使い、広いスパンや二階床のはねだしを実現しながら、
大工さんが工事ができる木造の工法です。

テクノストラクチャー工法の現場見学会が二子玉川で開催されると聞き、行って来ました。
週末の相談会でよくパナソニックには行くので、工法について知ってはいたのですが、
実際に見たことはなかったので、良い機会です。

写真にあるように、パッと見は木造。
でもよく見るとグレーの部分は梁にスチールが見えます。
たったこれだけ、と言えばこれだけなのですね。
でもそれほどコストアップせずに木造ではあきらめていたことが
簡単に実現できるのはいいことです。

住宅の場合は、工務店さんが限定されますが、
住宅以外ではどの施工会社であっても部材供給をしてくれるらしい。
しかもよく見ると接合部の金物や、基礎の形状など
職人さんが困ってしまいそうな納まりはどこにもありません。
これは工務店の規模に制約を受けることなく導入が可能と見受けました。

1階に大きな部屋が必要な保育園を作り、2階は賃貸の住宅などという
構造的に無理が生じそうな計画で威力を発揮しそうです。